HOME > 監督インタビュー > 岡山県立 水島工業高等学校

監督インタビュー

岡山県立 水島工業高等学校

監督インタビュー

岡山県立水島工業高等学校 バドミントン部 松川大記 監督

監督が、トレーナーとして藤田さんを起用する一番の理由は何ですか。

トレーナーとして藤田さんに入っていただいている一番の理由は、やはりご自身もバドミントン選手でしたので、選手の目線に立って治療やケアを施してくれる、というところですね。スポット的にというわけではなく、継続して選手と関わってくれていますので、選手個別の体の状態や変化にも敏感に気付いてくれます。

藤田さんが生徒に行うケアの、良い点はどういうところですか。

個々の選手に合った治療を行ってくれる、という点です。選手ごとのプレースタイルや体のクセを把握してくれているので、ケアの質がかなり高いと感じています。

生徒からの、藤田さんの評判はいかがですか。

生徒からの評判や信頼はかなり高いですね。プレーヤーとしての思い、メンタルの部分まで、近く寄り添ってくれているので、生徒たちも安心して悩み等を打ち明けられるという部分もあるのではないでしょうか。

藤田さんは、水島工業高校バドミントン部にとって、どういう存在ですか。

選手の肉体的な部分と、精神的な部分の両面で、良い支えになってくれていると思います。試合や練習に帯同・同行していただく中で、選手との信頼関係も深まっていますし、これからもお互いの相乗効果を期待できる関係でいたいですね。


このページのトップへ